大分市グルメnoとり天

-九州出張記録-

IMG_7709_170616_1207Blue.jpg
↑ポン酢とからしで食べるのが定番。(EOS_M3+EF-M22㎜F2_STM)

大分市の有名な食べ物といえば関鯵・関鯖ですが、なにせ高い!
庶民が手軽に食べられる郷土料理は「とり天」なんだそうです。別府が発祥であるなど諸説
あるようですが、大分市で元祖と呼ばれているお店へ行ってみました。

キッチン丸山

1962年(昭和37年)に大分市内の食堂で誕生したというとり天は、鶏肉に水で溶いた衣を
つけて揚げた天ぷらをいうそうです。それをポン酢とからしで食べるのが定番なんですって。

一見するとから揚げに見えますが、食べてみると全然違う!

こりゃあ、美味しい。 色々とお店があるそうなので、食べ比べてみたくなりました。

IMG_7699_170616_1207Blue.jpg
↑間違いなく「とり天大盛セット(950円)」がイイ!(EOS_M3+EF-M22㎜F2_STM)

IMG_7721_170616_1207Blue.jpg
↑お店は満席!(EOS_M3+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)


↑間違いないね。(EOS_M3+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

IMG_7691_170616_1207Blue.jpg
↑また食べに行きたいな。(EOS_M3+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

【メモ】
キッチン丸山
住所:大分県大分市顕徳町1-6-15
電話番号:097-537-553
営業時間:11:00~14:30
お休み:日曜・月曜・祝日
駐車場:無料多数
創業:1963年
ひとこと:とり天食べるなら大盛をオススメします

●ランキングサイトにエントリー中です。よろしければ下記タグを「ポチ」とお願いいたします。●


コメント

非公開コメント

No title

とり天…♪

Blue2

とり天、大分名物らしいです。
ポン酢とカラシで食べるのが新鮮で美味しかったです。