地下発電所の探検

329A2995_160816_1207Blue.jpg
↑こんな感じの施設です。 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

夏休みの自由研究に!ってことで神奈川県企業庁が企画する地下発電所の見学ツアーへ
行ってきました。

城山発電所 ワクワク体験・地下発電所の探検

相模原市橋本と津久井湖の間の山の上の森の中にひっそりと佇むこの発電所、日本初の
大規模な揚水式発電所そして神奈川内の水力発電すべてを制御している発電総合制御所
なんだそうです。

山の上にある発電設備の監視制御室や変電システム、地下230mに設置された発電電動機や
ポンプ水車そして水圧鉄管などの発電所設備を職員の方に案内・説明いただきながら間近で
見ることができるという約90分の見学会でした。

夜間の余剰電力で津久井湖から城山湖へ汲み上げ貯留しておき、電気が足りなくなる日中に
城山湖から津久井湖への放流で発電する。こういう発電の仕組みを揚水式発電所と言うそう
なのですが、そういうシステムがあることを知りませんでしたヨ。

仕組みにも驚きでしたが、ダム湖そして山をくり抜いて造られたこんな大規模な施設が今から
50年以上(運転開始1965年)も前に建設されていたことにビックリ。
正直なところ、子供たちの食いつきは悪かったのですが、私もカミさんもすこぶる感動しちゃい
ました!

あなたの知らない神奈川県がそこにある。。。見学は無料だし、帰りにはお土産たっぷりなこの
見学会は事前申し込み、そして抽選が必要ですが、一見の価値ありだと思います。

興味ございましたら是非!

329A3008_160816_1207Blue.jpg
↑監視制御室でまじめに聞く次女(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

329A3044_160816_1207Blue.jpg
↑地下230m 橙色のが水車兼発電機です。 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

329A3050_160816_1207Blue.jpg
↑インクライン坑道(資材搬入炉だそうです) (EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

329A3065_160816_1207Blue.jpg
↑こんなところも見学していきます。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

329A3070_160816_1207Blue.jpg
↑なんかワクワクしますヨ。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)


↑発電所近くから見た津久井湖 高低差は230m (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

329A3089_160816_1207Blue.jpg
森のハーモーニーもいただきました。 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

応募HP

【メモ】 2016年8月現在
城山発電所 ワクワク体験・地下発電所の探検
開催日:2016年8月21日(日)
時間:10:00~ 300人程度
見学場所:城山発電所 (神奈川県相模原市緑区川尻4454-3
見学時間:約90分
応募期間:2016年6月20日~7月22日
料金:無料
駐車場:無料多数

●ランキングサイトにエントリー中です。よろしければ下記タグを「ポチ」とお願いいたします。●


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Blue2

新しいことを知り、とても勉強になるし、無料なのも良いですよね。
普段見られない施設見学、クセになります。