シーキャンドル


↑鵠沼海岸方面の夜景(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)

2009年2月に江の島の灯台照明がLED投光器に変更されてから劇的に見える姿が美しく
なりましたよね。そんな江の島の展望灯台に行ってきました。

シーキャンドル

この灯台のライトアップは年に4回変わり、季節に合わせその姿を楽しむことがでます。
現在は夏バージョンの青色基調の涼しげな姿なんですヨ。

この展望は2階層構造となっており、エレベータが到着する空調管理されたフロアから
外階段を使用し、さらに上部の展望台へ。
上部の展望台は野天解放されており、湘南に吹く風の香りとともに湘南地区の夕焼けや
夜景を楽しめちゃうんです。

観に行った当日は少し霞がかっており、すっきりした夜景ではありませんでしが、日中の
暑さが和らぎ、とっても気持ちが良かったです。

江の島のトップまで上がるのはちょっと大変ですが、行かれましたらこの景色を是非ご覧
ください。

IMG_428615_08_1207Blue.jpg
↑江の島西部と平塚方面。(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)

5D3_101815_08_1207Blue.jpg
↑そりゃ、写真撮りますよね。(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)


↑片瀬漁港(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)


5D3_102815_08_1207Blue.jpg
↑夏色のシーキャンドルです。(EOS_5DMark3+EF24-70mmF2.8L)

~Sea candleな過去記事~
ベルマーレ色のシーキャンドル (2012年11月)
夕暮れそしてライトアップ (2012年6月)
101.56mからの絶景 (2012年5月)
LEDのライトアップスタート (2009年2月)

【メモ】
江の島シーキャンドル
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3番地
電話番号:0466-25-3525(江ノ島電鉄株式会社 事業部 事業管理課)
営業時間:9:00~20:00
お休み:•年中無休
入場料:大人1名 500円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
駐車場:江の島島内各所



コメント

非公開コメント

リストに

Blueさん、おはようございます。

 Blueさんのブログを拝見していると、ここも行きたい、あそこも行きたい…と、リストにいろいろ入れたくなりますね。2、3日では回りきれなくなってしまいそうです。(笑)

Blue2

この日は観えなかったのですが、富士山も見えるんですヨ。
素敵な夕日も観られますし、食べ歩きも洞くつ探検などもできたりするなど、一日遊べるので
是非行きましょう!江ノ島へ。