RZ-1_NISMO

IMG_522214_09.jpg
↑後ろの窓とか横とか、自分でスモーク張ったっけ。(EOS_M+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)

昨年(2013年)12月に創立80周年を迎えた日産自動車株式会社がメモリヤルイヤーを記念して
横浜の日産グローバル本社ギャラリーでは年間を通して特別展示イベントを行っています。

その第3段となる今回、えらく懐かしいものが展示されたというので、観に行ってきました。

NISMO 30周年記念展示 RZ-1_NISMO」

日産のモータースポーツを担う会社NISMOをフューチャーした今回のイベント、新旧のニスモカーが
展示され、なかなか見ごたえのあるものとなっています。
その展示の中に当時人気だったトラッドサニー(B12)のクーペモデルとして登場した「RZ-1NISMO
という車が展示されています。

実は今から26年前(1989年)に私が一番初めに乗った車なんです! いやぁ、懐かしいッス。
毎日のように洗車していたこと、毎夜のようにドライブに出かけたこと、車を走らせる楽しみと、車を
メンテナンスする楽しさ、車の魅力全てを教えてくれた忘れられない一台です。

実車を前に当時のことを色々と想い出して気付は1時間半も見続けてしまいましたよ。
エッジの効いたテザイン今見てもしびれるなぁ。。。乗って帰りたかったです。

<展示車両>
・サニー RZ-1 NISMO EB12(1989年)
・スカイラインGTS-R(1988年:欧州ツーリングカー選手権参戦車)
・R92CP(1992年:全日本スポーツプロトカー耐久レース優勝車)
・NOTE NISMO

【メモ】
第3弾「NISMO 30周年記念展示」
開催期間:2014年9月12日(金)~2014年10月26日(日)
開催時間:10:00~20:00
開催場所:日産グローバル本社(神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号
入場料金:無料
駐車場:提携駐車場「横浜三井ビルディング駐車場」割引有

~日産グローバル本社ギャラリーな過去記事~
蒼いスカイライン
最大出力402psのモーターカー「EMERG-E
マーチとリーフとGT-R
NEWスカイライン
EVマシン「Blade Glider




こちらもよろしく!青い森BLOG

コメント

非公開コメント

うーん懐かしい・・・^^

RZ-1・・・懐かしいですね。
初めて乗った車ってホントに特別な思い入れがありますよね^^
※ちなみに私はMR2(SW20)でした。

どうでもいい話ですが、わたしが走り屋やってた頃の御師匠様(Blue2さんと同年代ですw)の車はS12シルビアで、セカンドカーがガゼールとエクサと言うマニアっぷりでした・・・(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Blue2

mogedonさまはMR2(SW20)でしたか。一緒にやんちゃしていた友人も二代目に真っ赤な
SW20を乗っていました。
御師匠様、すべてリトラクタブルヘッドランプじゃないですか!
パルサーエクサはキャ丿ピーですか?やばい、懐かしすぎる!
私もS12狙っていたのですが、価格帯が一つ上で諦め、このRZ-1になりました。
真っ黒のRZ-1、山でも町でも結構目立ってました。(懐かしい)
一番初めに乗った車は思入れがありますよね。そのあとのS13×2,プリメーラそしてエクストレイル
×2と比べると、その思いは比較になりません。

Blue2

今から25年以上の前の車にしてはスタイリッシュでカッコ良くないですか?(苦笑)
時代としては丁度トヨタの86が新車で買えた時代です。かなりの昔話ですね。
想い出の車に久しぶりに出会って、テンションあがってしまいました。終了までまだ期間が
あるので、もう一回観に行ってきます

いやー懐かしいね!
確かニスモ仕様なのに、特注でパワーウインドウになってなかったっけ?

ここまでの思い入れを持たれて一時間半もショールームに居られたら、開発者も感無量でしょうね!!
あの頃の車の楽しさ...今の若者には何だか伝わらない気がします。

Blue2

懐かしいでしょ。一緒に箱根行ったりしたよね。
初めての車なので思い入れが非常に強いです。今回展示されると聞いて、昔の
級友に会うようなドキドキを感じながら観に行ってきましたよ。
久しぶりに見たけど、カッコ良かったです。(えらく贔屓目でしょうが)
パワーウィンドよく覚えてましたね。確かに替えてました。パーツを別途購入して改造
していました。

Blue2

手放して24年でしたから私の中ではそりゃあもう、美化されまくりでしたわ。(笑)
展示の噂を聞き、トキメキ半分、あきらめ半分で観に行ったのですが、思いのほか
カッコ良かったので、ちょっとびっくりでした。(美化されているほどではありませんでしたが)
懐かしすぎてしばらくその場から離れることができませんでしたよ。
車を持つ喜び、走らせる喜び。確かに今の若者には薄れている気がしますよね。