安東花子の実家


↑この看板がなければ見落としていました。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

昨年(2013年)上半期に放送された「あまちゃん」以来、「ごちそうさん」そして現在放映中の
花子とアン」とNHKの朝の連続テレビ小説を家族全員で見続けています。

「花子とアン」は山梨県甲府の貧しい小作農家の長女が、東京の女学校へ入学、欧米文化と
出会い、やがて翻訳家として活躍していくという村岡花子の半生をもとに脚色されたドラマです。
故郷が山梨県甲府、実家が小作農家ということで、山梨県甲府市内にオープンセッを建設し、
撮影が行われていたそうです。

そのオープンセットがまだ現存していると聞いたので、ちょっと寄って観てきました。

NHKの朝の連続テレビ小説 花子とアン 安東家オープンセット」 

甲府中心部から10km、25分くらいのところにある千代田湖近くの県道104号線から外れた山間部、
棚田が美しい静かな場所に劇中で見慣れた萱ぶき屋根の家が佇んでいました。

エイジングの技術を駆使したというセットは、苔や雑草が生い茂り、本当に朽ちているのか良くわか
らない状態。そのリアルさにメチャ感動しちゃいましたよ。

現在荒れ放題のこの場所を観光地として整備していく構想があるそうです。整備されたらまた見に
行きたいな。

5D3_088714_08.jpg
↑全景はこんな感じ。 ちなみに富士山は観えないです。(苦笑) (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_090114_08.jpg
↑パイプ骨組み発見 これが作られたものだとは。。。(EOS_5DMark3+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

【メモ】
NHKの朝の連続テレビ小説 花子とアン 安東家オープンセット
場所:山梨県甲府市上帯那町諏訪神社先
入場料:なし
駐車場:無料有(5台程度)
注意点:駐車場に車を停めてから7,8分ほど歩きます。また周辺の棚田には電線がありました
     ので誤って触れぬよう注意ください。立ち入り禁止場所を守ってください。

<2014年夏の旅行記事>
01_2014年夏の旅行スタート
02_名古屋科学館
03_名古屋科学館(世界最大のプラネタリウム)
04_「麺や花火 台湾まぜそば
05_サツキとメイの家1
06_サツキとメイの家2
07_名古屋城 -しゃちほこ-
08_中央アルプス 千畳敷カール 案内
09_駒ヶ根ロープウェイ(日本最初の山岳ロープウェイ,日本最高点駅,日本一高低差)
10_千畳敷カール 晴天!
11_千畳敷カール 周遊道 3000m級アルプスの岩肌
12_長野県駒ケ根名物 ソースかつ丼(B-1グランプリ出場)
13_飛騨高山散策1 さるぼぼ
14_飛騨高山散策2 食べ歩き
15_飛騨牛ステーキ
16_白川郷(日本で6番目の世界遺産(文化遺産))
17_国宝 松本城と信州そば
18_シャトレーゼ白州工場 工場見学
19_サントリー白州工場 工場見学
20_金精軒 「水信玄餅」
21_小作 「ほうとう」
22_NHK連続テレビ小説「花子とアン」安東家
23_2014年夏休み総括>

コメント

非公開コメント

うそー!
本当にオープンセットで作ったモノなんですか!!
それにしてもよく看板見つけましたね(^^ゞ

Blue2

そうなんですよ。昨年末は頻繁に撮影が行われていたようです。
甲府の街が近いといっても急で狭い山道を20分くらい走らないといけない場所に
あるんです。撮影は結構大変だったでしょうね。
この看板を見落としたら絶対見つからなかったと思います。(訪れる人もなく廻りに
車も人影もありませんでした)
駐車場から家が見えないので、ここであきらめてしまう人も居ると思います。