平塚漁港の食堂

5D3_233114_05.jpg
↑国道134号線 湘南大橋のたもとのこの看板が目印です。(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

新鮮な魚が目の前の相模湾から毎日上がる平塚、新鮮なお魚を食べさせてくれるお店はいく
つもありますが、漁港が経営するレストランはありませんでした。
そんな平塚に4月30日、待望のお店がオープンしました!

平塚漁港の食堂

その日の朝に平塚港に水揚げされた魚をその日のうちに平塚で地元の人に食べてもらうことを
目的にオープンしたこのお店、魚介類はもちろん、使用される野菜やお米も平塚産を使った
「地産地消」にこだわったレストランです。お値段も気軽に食べてもらいたいからと1,000円程度
という価格設定にしているというのも特徴です。

オープン2日目のしかもバリバリのお昼どき(12時到着)の訪問ということで、覚悟をしていましたが、
お店に入るまでに1時間、食べ終わるまでにさらに1時間かかってしまいました。(苦笑)
大分待たされましたが、料理は絶品でしたヨ。
こんな素敵なお店が地元にできたこと、とっても嬉しく思います。


あまりの混雑で店員さんもパニック状態、伝票や注文を間違えることしばしば。。。食べに行くので
あれば少し落ち着いてからの方のが良いかもしれません。
(とはいえ食べに行きたいですよね。チャレンジされる方は11時前に現地へ到着するようにしてください。)


↑到着したのは12時 すでに店内は満席 この状態から1時間待ちでした。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_230514_05.jpg
↑定食は1,000円(税抜) (EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

5D3_231114_05.jpg
↑「食べ尽くしコースランチ」1,500円はとってもおしゃれ。(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

5D3_231214_05.jpg
↑6種のネタを使った須賀の地魚どんぶり1,000円 ウマイ!(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

5D3_232514_05.jpg
↑店内の様子、なんともおしゃれ。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

~平塚でおさかな食べるなら~
しらす3食丼とアジフライが絶品です。「港めし・あぶさん
移転しましたが、健在です。「アクア フィオーレ
住宅地の隠れ家的存在「有太
今でもあさりの味噌汁はお代わり自由かな?「居酒屋ゆうちゃん
支店が何軒かありますが、やっぱ本店がおすすめです。「まぐろ屋大将
年に一回の漁港朝市「湘南ひらつか魚まつり朝市
毎月第4金曜日の人気イベント「平塚港 地どれ魚直売会

【メ モ】
平塚漁港の食堂
所在地:神奈川県平塚市千石河岸51-14
TEL:0463-86-6892
営業時間:11:00~18:00(火~木) ~22:00(金土日祝)
定休日:月曜日
駐車場:お店近くに 無料3台 3台 18台)
*2014/4/30~5/11は11:00~17:00

コメント

非公開コメント

おー!!

魚介類好きとしては“平塚漁港の食堂”って店名からして ヨダレ出そうです(笑)
あの辺ならチャリで行けるので 落ち着いた頃行ってみます!

食べたい♪

こちら泉州も漁港がたくさんあり新鮮です

でも平塚のお店はオシャレですねーーー

Blue2

随分前から建設状況をウオッチしてソワソワワクワクしていたので、混んでいると聞いていま
したが、行ってきちゃいました。
漁港食堂的なものを期待していたのですがえらくおしゃれ。
でも、味は良いし、お値段も手ごろでうれしい限りです。
インタビューで漁協や運営会社の方が「他の同じものを作っても意味がない」と言われて
いましたが、近隣地域とうまく違いをつけられのではないでしょうか。
オープニングの混雑が落ち着いたらまた食べに行ってみようと思います。

Blue2

今まで漁協直営というお店はなかったので、とてもうれしいです。
皆さん同じように期待されていたようで、オープンから大変な混雑なようです。
「おしゃれだけど、安い」このままの状態で続いてくれるといいな。

Blue2

地元の魚を地元で、しかも新鮮なまま、おいしく、さらに安く食べさせてくれるなんて最高
ですよね。
漁港がありながらも今まで漁協直営のお店がなく残念に思っていましたが、これからは
平塚の味を他市からの友人などにPRできそうです。
などあまり消費されない「低利用魚」を積極的に使用していくそうです。これから楽しみ!