35円の喜び

5D3_984614_03.jpg
↑ちょっとシナシナなのも都まんじゅうの特徴です。(笑)(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

平塚ラスカの銘菓街(スイートピア)で湘南ボーイ(菊毬)やピーどら(秦野の芳甘菓豆芳ですが)
・新生のやなかのしっぽやのドーナツ
・お持たせ日本一となったバームクーヘン(コンディトライバッハマン八重咲町店
・平塚発祥の生チョコ(シルスマリア
・店名のない大判焼き(エンゼル

JR平塚駅周辺でちょっとしたお土産やお持たせを買おうと思うと、よりどりみどりというわけでは
ないですが、いくつか選択があります。でも、定番と言えばやっぱこれなんです。

つるや製菓 都まんじゅう」(食べログ)

丸く平べったい型のカステラ風生地の中に白あんが入ったどこにでもある大判焼きなのですが、
平塚市民はこれが大好き!

「困ったときの都まんじゅう」「なにはともあれ都まんじゅう」と、もう、ソウルフードと呼んでも良い
くらい愛しちゃってるおまんじゅうなんですヨ。

平塚にお越しの際で何かお困りごとがあったら、この都まんじゅうを買って持っていけば無問題
ですぞ。


↑残念!閉店間近だとマシンは停止してしまいます。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

~都まんじゅうな過去記事~
一年前(2013年)から登場です。
なぜか七夕の時には大行列になるんですヨ。
次女も平塚っコってことかな。
平塚のソウルフードだね。

【メモ】
(株)つるや製菓
所在地:神奈川県平塚市紅谷町2-27 (平塚駅北口ロータリ)
TEL:0463-21-2258
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:なし


コメント

非公開コメント

子供の頃、祖母に連れられて駅まで買い物に出ると
たいていはこの「都まんじゅう」を買って帰っていました。(昭和50年代前半の話)

あたたかいうちにいただくのもよし、
一日経ってすこし白あんが堅くなったのをいただくもよし♪(祖母はなぜか焼き網で焼いていましたが…)

今でもたまに頂き物をするとテンション上がります♪

都まんじゅう・・回転焼や大判焼など名前がいろいろあり・・

中身も様々。しろあん・くりあん・つぶあん・こしあん
などなど・・

地元で、なかなか見かけなくて・・ここ何年も食べていませんが、ソウルフードと行って良い私も愛しちゃうおまんじゅうですね。

Blue2

そうそう、ここまでいろいろなものがない当時は、都まんじゅうがうれしかった。
家に帰りあの包み紙があると、テンションが上がったものです。(同じく昭和50年代
前半(笑))
この都まんじゅうは小さいころから慣れ親しんだ平塚市民のソウルスイーツですよね。
今でも変わらぬ繁盛ぶりすごいです。
今では買って帰ると子供たちがテンションUP! 世代を超えてこれからもこのまま続いて
いってほしいですね。

Blue2

茅ヶ崎にも八王子にもある都まんじゅう、あの機械でつくっており、基本味も形も変わら
ないのでしょうが、なぜか平塚の都まんじゅうは今でも大人気!
昔から平塚の都まんじゅうは「しろあん」オンリーなのですが、最近焼印のバリエーションが
増えました。これからもソウルフードとして愛され続けていけばイイな。