平塚市稲刈り体験


↑ここ平塚ですヨ!素敵な場所でした。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

平塚市民と東海大学神奈川大学そして平塚市が一つになって里山を体験し、その再生を目指す
という交流事業、「市民と大学生による里地里山再生プロジェクト
9年前から平塚市土屋の里山体験フィールドで、希望者による田植えや稲刈りが行われています。

とても興味深いこの活動に参加してきましたヨ。

「里山体験 稲刈り」

自宅から9km、平塚の西の端っこにある里山体験フィールドは、自然が色濃く、少し前に良く見られた
日本の原風景が広がる場所。田んぼは台地や丘陵地が複雑に入り組んだ谷筋にあり、とっても素敵
な雰囲気でした。

簡単な説明があった後、大学生と希望参加の平塚市民そして里山をよみがえらせる会の方々総勢
30人ほどで稲刈りスタート!

体験というので「それほどでもないのかな?」って思っていましたが、鎌を手に取り手作業で、一時間半
めいっぱい稲を刈らさせていただきました。(苦笑) めちゃ疲れたけど、とっても楽しかったです!

収穫したお米は10月19日に脱穀と新米の試食、11月9日は餅つきが行われるそうです。収穫だけでなく
その後も楽しめるってのが良いですよね。

平塚の魅力を見直すことのできるこういうイベント、もっと沢山の人に体験してもらいたいな。
興味ある方は来年の田植え、そして稲刈りに是非申し込んでみてください。

5D3_1836A13_10.jpg
↑「さぁ、始めましょう」気合十分の次女。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_187013_10.jpg
↑長女、ガンガン刈っていきます。なんだ?何のスイッチが入った?(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)

5D3_1946A13_10.jpg
↑刈り取る苦労を体感し、稲穂の重さを知ってお米の大切さを知るというのも教育だよね。
 (EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

5D3_197613_10.jpg
↑こぼれんばかりの稲穂と秋空 秋ですなぁ。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

【メモ】
「平成25年度 第2回 市民と大学生による里地里山再生プロジェクト」 稲刈り、里山体験
開催期間:2013年10月5日(土) (2013年は順延して10/6開催)
開催時間:10:00~14:00
開催場所:平塚市土屋の里山体験フィールド(土屋1076番地付近)周辺の谷戸田
駐車場:指定場所(神奈川大学湘南ひらつかキャンパス第二駐車場)
募集期間:2013年9月10日~9月27日(平塚市 環境政策課)
参加費:無料


●ランキングサイトにエントリー中です。よろしければ下記タグを「ポチ」とお願いいたします。●



こちらもよろしく!青い森BLOG

コメント

非公開コメント

教えることと学ぶこと

こんにちは
田舎(農家)の子供たちでも最近は稲刈りの経験が少ないと思います。
機械化により何日もかけて稲を刈っていた私たちの時代は
もう終わってしまいました。

本当にいい経験をさせてあげたと思います。

Blue2

稲刈り体験してきました。帰ってきた子供たちがご飯をみて「稲刈り大変だったねぇ」って
しみじみ。お米が大切だってことを改めて感じてくれたのではないでしょうか。
機械での刈取りのこのご時世ですが、あえて手作業で稲刈りをすることで、お米を作る
苦労と大切さを学べる素敵な体験でした。疲れましたが、良い経験をさせていただきま
した。こういうイベント、もっともっと参加者が増えると良いですね。