天成園@箱根湯本


↑飛烟(ひえん)の瀧 とっても冷たい水にニジマスが泳いでました。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

単身赴任していた青森県は知る人ぞ知る温泉天国
青森に居た時には寒くなると銭湯代わりに温泉によく入りに行っていました。
雪見風呂なんて風情も楽しんじゃったりして。。。
でも、暑い時期の温泉は汗がいつまでもひかないのでちょっと苦手です。

そんな理由からキャンプに行ったとき以外には温泉には行かないのですが、誘われたので先日
箱根湯本の温泉宿に行ってきました。

箱根湯本温泉 天成園

自宅の平塚から30km、箱根湯本の老舗温泉旅館を万葉倶楽部がリニューアルしたこの温泉宿、
もちろん宿泊がメインなのですが、日帰り入浴がスゴい施設なんです。

温泉はもちろん、休憩所やリラックスルーム、レストランなどの温泉宿施設がナント、10時から23時
まで利用可能なんですヨ!(驚)

天空大露天風呂で新緑の中での入浴を楽しみ、浴衣に着替えて涼しげな園内の滝で涼を味わい、
また温泉。出てきたら自慢の食事処で箱根の味を楽しんで最後にまた温泉。。。(笑)

普通の日帰り入浴施設では味わえない贅沢でゆったりとしたひと時を過ごさせていただきました。
お値段はちょっと高いですが、プチ宿泊気分になれるこの施設、おススメです。


↑施設もですが開放的なお風呂が素敵でした。(EOS_M+EF-M18-55㎜F3.5-5.6IS_STM)


↑この金のエレベータに乗ってお風呂へ向かいます。(EOS_M+EF-M18-55㎜F3.5-5.6IS_STM)


↑玉簾(たまだれ)の瀧 マイナスイオンを浴びにまくりでとっても涼しかったです。(EOS_5DMark3+EF16-35mmF2.8LⅡ)

【メモ】
箱根湯本温泉 天成園
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
電話番号:0466-83-8511
料金:大人(中学生以上)2,400円 子供(小学生)1,250円/幼児(3歳~未就学児)940円/3歳未満 無料
    入湯税別途50円必要
利用時間:午前10時から翌朝午前9時まで(23時以降は深夜料金別途必要)
駐車場:温泉利用で5時間まで無料
その他:タオル,バスタオル,浴衣は料金に含まれているので手ぶらでOKです!

コメント

非公開コメント

夏場

に温泉とはこれはまた随分とストイックなw
ニジマス君たちは涼しそうですね。

滝の写り具合から見て、
三脚立てたんですね?

夏休みに温泉に行ったばかりなのにまた行きたくなっちゃいました(^^ゞ
温泉って良いですよねぇ♪
涼しくなったら露天風呂・・・最高ですよね♪♪

宿泊はムリでも
日帰り温泉でプチ贅沢できますね(o^^o)

実は最近まで箱根に日帰り温泉があるなんて
知らなかったんですw

どこも老舗で温泉は宿泊者のみだと
思ってました(^^;)

こんな素敵な宿の日帰り温泉があるなら
行ってみたいですね~

Blue2

屋上に露天風呂があり、炎天下の中で入りました。
入っている時には暑くてたまらなかったのですが、脱衣所を含めた施設内の冷房が
強く効いていたので出た後は快適に過ごせましたヨ。
でも、やっぱり温泉は寒い時期に入りたいです。(笑)
この写真、手持ちです。岩にグッとカメラを押し付けて撮りました。フレアが入っている
のは面倒だし嵩張るのでフードを付けていないからです。
三脚もフードも持たず。。。どこまでズボラなんだか。

Blue2

汗がなかなかひかないので温泉はちょっと苦手。
寒い冬なら外に出れば汗がひくのでいいけど、夏場は逃げ場が扇風機くらいしか
ないので場所によっては厳しいですよね。
そんな中、この施設は冷房が効いていてとっても快適でした。
近いので逆にあまり遊びに行きませんが、箱根湯本は雰囲気も良いし、情緒も
あって良いところですよね。

Blue2

それほど温泉好きではなかったのですが、青森に単身赴任して寒く厳しい冬に
温泉に入ったらクセになりました。(冬場だけですが)
青森では温泉を先頭代わりに使う文化でしたのでどんなに高くても500円程度で
入れましたが、こっちに帰ってきて日帰り温泉が1,000円もするのにびっくりしたっけ。
平塚界隈ではそのくらいですが、箱根に行くと一気に跳ね上がるんですよね。
日帰り入浴で2,000円ってどういうこと?
そう思って箱根の温泉の日帰り入浴へは全く行ったことなかったのですが、実際に
行ってみてビックリ。まるでテーマパークような面白さがありましたヨ。
箱根は、ただ温泉に入りに行くだけでなく、雰囲気や情緒までも楽しむ場所なん
ですね。トータルで楽しめるプレイス、そう思うと料金にも少し納得できました。
R