手をつなぎたくなる街の饅頭

↑ロゴ入り発見!(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)平塚市のイメージ向上や定住促進を目指し、市の様々な魅力を発信するシティプロモーションがこの夏始まりました。スローガンは「手をつなぎたくなる街湘南ひらつか」「人と人の輪がもっと広がり、人と人の和がずっと続く」ことをイメージして作成されたというロゴは、なかなかいい感じで好感が持てます。今後、平塚市をPRするため平塚市の情報発信やイベントだけでなく、色々...

クリスマスみやこ

↑一袋に数個入っています。(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)1955年(昭和30年)創業、平塚駅の駅前で50年以上このまんじゅう一個で勝負する平塚市のソウルスイーツつるや製菓の「都まんじゅう」(食べログ)今だけクリスマスバージョンのみやこちゃんが入っています。クリスマスケーキに飽きたら是非どうぞ。↑可愛いらしいじゃないの!(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)↑この包みが定番です。(EOS_M+EF100mmF2.8L_Macr...

35円の喜び

↑ちょっとシナシナなのも都まんじゅうの特徴です。(笑)(EOS_5DMark3+EF100mmF2.8L_Macro_IS)・平塚ラスカの銘菓街(スイートピア)で湘南ボーイ(菊毬)やピーどら(秦野の芳甘菓豆芳ですが)・新生のやなかのしっぽやのドーナツ・お持たせ日本一となったバームクーヘン(コンディトライバッハマン八重咲町店)・平塚発祥の生チョコ(シルスマリア)・店名のない大判焼き(エンゼル)JR平塚駅周辺でちょっとしたお土産やお持た...

湘南ひらつか名産品

↑これがパンフレットの表紙です。 オールカラー全14ページ。(EOS_5DMark3+ EF100mmF2.8L_Macro_IS)市内産業の振興、推進を目的として平塚市と平塚商工会議所が1984年(昭和59年度)から郷土色豊かな食品や工芸品を認定するという活動をしているそうです。今年度5年振りに6回目の見直したというパンフレットを入手してきました。「湘南ひらつか名産品・特産品ガイド」市役所1階ホールや平塚商工会議所、公民館、図書館など市の...

ハートのまんじゅう

↑一個35円の小さなまんじゅうにLOVEが詰まってます!(EOS_5DMark3+ EF100mmF2.8L_Macro_IS)平塚市民のソウルスイーツ「つるや製菓の都まんじゅう」に今だけハートのみやこちゃんが焼印されてマス。(驚)平塚駅の駅前で50年以上このまんじゅう一本で勝負するつるや製菓さん、色々頑張ってますね!この焼印はホワイトデーくらいまで行うそうです。平塚ッコならバレンタインそしてお返しには、このまんじゅうしかないでしょう。(...

七夕名物?

本日(7/6)から始まった「湘南ひらつか七夕まつり」七夕祭りのメイン会場側平塚駅北口のロータリーで50年前からまんじゅう一筋のお店「都まんじゅう」白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼き饅頭で一個35円。どこにでもあるおまんじゅうなのに、七夕の時はなぜだか毎年大盛況になるんです。この行列を見て「七夕が始まったんだ」と実感です。~屋台もいいけど、せっかくですからこれ食べてって~平塚の酸っぱいローカル麺です。...

都まんじゅう

↑ニューキャラ「おでかけみやこちゃん」(EOS 5DMark�+EF16-35mmF2.8L�)平塚駅の駅前で50年以上まえからまんじゅう一本で勝負しているこのお店。「都まんじゅう」湘南ひらつか名産品選定委員会推奨品のこのまんじゅう、丸く平べったい型のカステラ風生地の中に白あんが入ったどこにでもある大判焼きなのですが、ソウルフードとして平塚市民に愛されるスイーツです。1個35円、小さなまんじゅうですが平塚ッコの想い...

ソウル饅頭

↑この饅頭の姿を見て、小さい頃を想い出す平塚人多いはず!私が生まれる前から平塚駅北口バスターミナル前で売っている「都まんじゅう」特に独自のモノというわけではないですが、我が町の愛するソウルスイーツです。昭和30年から「都まんじゅう」一品のみで勝負する(株)つるや製菓は、いつもできたて!そしてカタンカタンと音を鳴らしながら製造するマシンをガラス越しに見られるというスタイルを変えず現在に至ります。この前...